美人は一日にして成らず。 美人に近づくための一歩一歩を歩んでいくためのサイトです。 美意識の高い男性にも参考になる記事はたくさんあると思いますので是非チェックして下さい☆

    注意!!

    ドライヤー

    今年の夏も、熱帯夜が続いてますね。「こんなに暑いんだから、髪の毛なんて自然乾燥で充分でしょ」なんて思いがち。でも、髪を切りに行った時に美容師さんには「絶対に髪を乾かしてから寝てください!」って言われた記憶が……。でも、どうして、髪の毛は乾かさなきゃいけないの?

    【暑い!でも、髪の毛は乾かさなきゃダメ?⇒半乾きだと雑菌ウヨウヨ!!】の続きを読む

    ベタベタする汗

    今回は、ベタベタ汗のリスクと、サラサラ汗に変える方法をお伝えします。


    ■ベタベタ汗はミネラルが流れ出ている証拠

    汗がベタベタするのは、一体なぜでしょうか。それは、本来体に蓄えられるはずのミネラルが流れ出てしまっているから。そのミネラルが、ベタベタや臭いのもとなのです。


    本来、汗腺は体に必要なミネラルを血液に再吸収するはたらきをします。しかし汗腺が弱ると、ミネラルが体内に吸収されず汗と一緒に体外に出てしまいます。すると、体中の機能に必要なミネラルが不足し、熱中症、むくみ、肌荒れ、冷え症、薄毛、爪が弱くなる、精神不安定、生理痛、貧血、骨粗鬆症などのトラブルを引き起こしてしまうのです。

    【「ベタベタ汗」はむくみや肌荒れの原因になることが判明!】の続きを読む

    UV

    日焼けが気になる季節です。女性にとって紫外線はお肌の大敵。日焼け止めクリームや日傘、アームカバーなどは必需品ですよね。しかし、紫外線対策をしなければならないのは顔や体だけではなく、頭皮や髪の毛だって同じなのです。何も対策をしないとイボができることも。

    そこで今回は紫外線による頭皮と髪のダメージについて、アデランスのメディカルアドバイザー・倉田荘太郎医師にお話をうかがいました。

    【老人性のイボができる!? 頭皮や髪も「紫外線予防」が重要】の続きを読む

    毛深い

    米国のマーケット調査を行っているミンテル社が2,000人の女性を対象に行った「自分のカラダで不満に思っていること」に関する調査では、1位の「体重」に次いで「毛深さ」がランクインしたそうで、女性の「毛のお手入れ」へのストレスの高さが伺える結果となりました。


    「毛深さ」は人それぞれではあるけれど、一番強い原因となっているのが「遺伝」「人種」なのだそう。「ギリシャやイタリア地中海に住む人たち、インドなどの南アジア諸国の人たちは白人と比較して毛深く、親が毛深い場合、毛深い子どもが生まれる確率がとても高いです」と言うのは、ウィップス・クロス大学病院の皮膚科医のリナ医師。


    どうやら自分のコントロールの範囲内ではないみたい。そして驚くことに、リナ医師によると「毛を何度も抜くこと」は毛深さの原因ではないそうですよ。

    そして、なんと「糖分」が毛深さの原因になっているということがわかっているそう
    糖分を摂ると「インスリン値」が上がってしまい、血中の糖分値のコントロールができなくなってしまうそうで、これが毛深さの原因なのだとか。インスリン値が上がると、体内では男性ホルモンが多く生成されるので、毛も濃くなるわけです


    アナタが食べているスイーツが「毛深さ」の原因だったなんて、ショックですよね!
    糖分を控えることが、ムダ毛の成長を極限に抑えるためのポイントみたい。
    ムダな脂肪と毛の大きな原因となっている「糖分」は夏を楽しみたいアナタの最大の敵!

    ※当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

    参考:Eating too much cake can make you hairy

    転載元:http://news.livedoor.com/article/detail/7887572/ 

    日焼け止めクレンジングNG

    ジリジリと強い日差しを感じる日が続きますね。紫外線はお肌の大敵!
    みなさんは毎日しっかり日焼け止めを塗ってUVケアをされているかと思います。

    日焼け止めを塗るタイミング、塗り方など、“塗る”ということにはかなり気を使っているかと思いますが、日焼け止めを“落とす”ということに気を使っている人は多くないようです。
    しかし、日焼け止めがしっかりと落とせていないと肌に悪影響を及ぼします。


    そこで今回は、日焼け止めを落とす際のNG習慣と正しい落とし方をご紹介します。

    【間違ってる人多し!日焼け止めを落とす際のNG習慣とは】の続きを読む

    このページのトップヘ