cdg_blue_01

2013年夏、コム デ ギャルソン・パルファム パルファム(Comme des GARCONS Parfums Parfums)から3つの香水が発売された。メタリックなボトルに濃い青のグラデーションが施されたデザインに目を引かれるが、この3つの香水はその見た目だけでなく、香りもセンセーショナルで刺激的。

「贅沢な温もり」と「焼け付くような冷たさ」という相反する要素が衝突し、ラディカルな矛盾をそれぞれに抱える。予想し得なかった、ウッド・スパイス・イノセンスの調合により、魅惑的なパラドックスが生まれた。「ブルー エセンス」「ブルー セドラ」「ブルー サンタル」のうち、あなたが魅了される香りはどれ?


フレグランス情報】

cdg_blue_04
■ブルー エンセンス(BLUE ENCENS)
神秘的なイノセンスと激しく凍てつくような香料と、クラッシュした新鮮なアルテミシアの芳香という対照的な香りの大胆な融合。凍てつくような香料はインド産カルダモンや黒胡椒、シナモンによるもの。無機質で琥珀色の水晶を思わせる神秘的な香り。
cdg_blue_03
■ブルー セドラ(blue cedrat)

ヴァージニア州のシダーウッドとメタリックローズの予期しなかった香りの同盟、そして激しく苦みのあるキニーネを加えて。更にイタリア産シダーが香りのグラデーションを生み出す。
cdg_blue_02
■ブルー サンタル(BLUE SANTAL)

温かみのある松の香りを伴った、爽やかなオーストラリア産のサンダルウッドと刺激的なジュニパーベリーが混ざり合い、熱くも冷たいむせるような香り。地中海の高野槇、苦みを含んだジュニパーベリーエッセンス、青唐辛子が独自性を演出。
EDT natural spray 100ml 各¥13,230
転載元:http://www.fashion-press.net/news/7566