目のクマ

私たちの美の強敵、目の下のクマ。予防から、できちゃったときの対策、メイク法をご紹介します。

【目ヂカラキープのための意外な発想】

●クマの原因は?
実は、さまざまな要因があることをご存じでしたか。クマやシミのできやすさは遺伝しますし、ご存じの通り加齢も大きな原因になります。
皮膚が薄い人は血管の赤紫色が透けて見えやすいですし、アレルギーで目を擦ってしまうと逆に皮膚が厚く、色素沈着を起こしやすくなるので注意が必要です。


●クマを防ぐには?

よく言われますが、まずは睡眠。そして水分補給も大切です。低刺激の洗顔料を使って水分を保ちます。アルコールと塩分の取り過ぎは身体の水分を奪ってしまうので控えて!腫れぼったい目はクマを強調してしまいますよ!また、紫外線もクマの原因になります。特に春夏は日焼け止めを忘れずに。


●アイクリームの活用

レチノールを補給するクリームを選びます。ただし、レチノイド、αヒドロキシ酸、ビタミンCを含むものは、目の周りのデリケートな部分には刺激が強すぎることがあるので要注意。ベッドに入るときに、目の周りがしっとりしているか確認しましょう。また、それでもクマになってしまったら、朝、コンシーラーの前に同じクリームを塗ることをおすすめします。


●コンシーラーの活用

肌色のものが一般的ですが、色をごまかすには補色(反対の色)を使うのが効果的。紫のクマなら黄色のコンシーラー、赤っぽいクマなら緑、青っぽいならピンク、という具合です。アイメイクの最後に、色を消したい部分だけにのせ、薬指でポンポンと優しくなじませます。メイクの初めにやってしまうと、アイシャドウの色が乗って台無しになることがあるので気を付けて。


●大人の裏ワザ

ヒアルロン酸注射やレーザー治療も効果があるそうですが・・・深刻に悩んでいる人は試してみては?


※ 当記事は、ハイブリッド翻訳のワールドジャンパー(http://www.worldjumper.com)の協力により執筆されました。

参考:How to Get Rid of Under-Eye Circles
http://www.elle.com/beauty/makeup-skin-care/dark-under-eye-circles#slide-1
転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/mynaviwoman/