ベタベタする汗

今回は、ベタベタ汗のリスクと、サラサラ汗に変える方法をお伝えします。


■ベタベタ汗はミネラルが流れ出ている証拠

汗がベタベタするのは、一体なぜでしょうか。それは、本来体に蓄えられるはずのミネラルが流れ出てしまっているから。そのミネラルが、ベタベタや臭いのもとなのです。


本来、汗腺は体に必要なミネラルを血液に再吸収するはたらきをします。しかし汗腺が弱ると、ミネラルが体内に吸収されず汗と一緒に体外に出てしまいます。すると、体中の機能に必要なミネラルが不足し、熱中症、むくみ、肌荒れ、冷え症、薄毛、爪が弱くなる、精神不安定、生理痛、貧血、骨粗鬆症などのトラブルを引き起こしてしまうのです。

■ベタベタ汗を防ぐ方法

現代人は、ただでさえミネラル不足が指摘されています。なんとかミネラルが汗と一緒に出て行ってしまうのを防がなければいけません。そのためには、よい汗をかいて汗腺を鍛えること
汗腺を鍛えるには、ゆっくり体をあたためて汗をかくことがポイントです。では、その方法を確認していきましょう。


(1)岩盤浴

岩盤浴はじわじわ内部から体を温めるので、よい汗をかくことができます。岩盤浴でかく汗はサラサラなので、今の時期に行っても心地よいです。ぜひお近くの施設をチェックしてみてくださいね。


(2)ウォーキングやヨガ

ゆっくり体温を上げるウォーキングやヨガもおすすめ。短時間でもよいので、じわじわ汗が出る程度を継続して行います。ただしウォーキングは熱中症の危険もあるので、涼しい時間帯に行うようにしましょう。また、水分・塩分補給も忘れずに。


(3)クーラーで体を冷やしすぎない

体が冷え切ってしまうと、汗腺のはたらきは衰えてしまいます。オフィスなど自分で温度調節ができない環境でも、自分を守れるようにカーディガンやレッグウォーマー、はらまきを活用するなど、冷え対策をしましょう。


ベタベタ汗が、むくみや肌荒れなどといった意外な悩みにつながることをお伝えしました。体をじわじわ温めて、よい汗をかくトレーニングをしてみてくださいね。

転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/biranger/