ほうれい線

一日仕事をして帰宅する電車の中、扉に反射して映る自分の顔を見てギョッとした経験はありませんか? 目の下のクマやほうれい線が目立ち、5歳以上老けて見える……このように感じたことがある方は少なくないはず。

特にほうれい線が目立つと老けて見られがちです。アニメキャラクターの高齢者役には必ずほうれい線が描かれていることからも、そのことが見てとれます。そして、ほうれい線は夏に深くなる可能性が! 

そこで今回は、ほうれい線が深くなる要因とこの時期に気をつけるポイントを4つご紹介します。

■1:紫外線対策

みなさんご存知の通り、紫外線によって肌のコラーゲンは破壊されてしまいます。ハリがどんどん失われることで頬のたるみにつながり、ほうれい線が現れます

夏のアウトドアやレジャーの時はもちろん、通勤、買い物、洗濯物を干す時間など、毎日必ず日焼け止めを塗り、紫外線対策をすることがほうれい線予防にもつながります


■2:たっぷり保湿

しわができる原因のひとつが肌の乾燥です。そして夏は電車、オフィス、家などで一日中エアコンの風を浴びているので肌が乾燥しがちです。朝晩のスキンケアでしっかりと水分補給をすることが重要です。


■3:しっかりと睡眠をとる

夏の夜は暑くて寝苦しく、何度も起きてしましまい睡眠不足になりがち。しかし、しっかりとした睡眠をとらなければ美肌につながる成長ホルモンの分泌が正常に行われません。 

入浴時はクール系の入浴剤を使用したり、就寝時は氷枕などで首の後ろを冷やすと寝苦しさが緩和するでしょう。ただし、氷枕は直接肌にあてるのではなく必ずタオルなどで包んで使用してください。


■4:口のまわりの筋肉を鍛える

表情筋が衰えると、たるみにつながってしまいます。連日の暑さでついつい「暑い~」と表情や口元が緩みがちですが、口角をキュッと引き上げることを意識しましょう。

以前、美レンジャー記事「誰でもすぐにできるシンプルな“顔ヨガ”で若返る方法」でご紹介した、顔ヨガなどを行って表情筋の衰えを防ぐことが大切です。


いかがでしたでしょうか。以上、ほうれい線が深くなる要因と、夏に気をつけるポイントを4つご紹介しました。どれも簡単に生活に取り入れられることなので、夏の始まりである今の時期から意識してみてください。

転載元:http://lifestyle.jp.msn.com/beauty/news/biranger/